植物性のプラセンタの特徴・効果は?

植物性のプラセンタ配合。

というサプリや化粧品が販売されていますが、植物性プラセンタとはどういったものなのでしょうか?プラセンタは胎盤を指す言葉なので、胎盤の無い植物にプラセンタという言葉を使用する事は少々違和感を感じますが、植物性プラセンタは植物の胎座と呼ばれる部分から採れる成分です。

メロンを半分に切ると真ん中に種がありますが、その種の周辺をイメージしてもらうと分かりやすいかもしれませんね。種が胎児でその胎児を育てる部分です。大事な種を育てるため、動物性プラセンタ同様にビタミンやアミノ酸ミネラルが豊富に含まれている部分です。

ですから植物性プラセンタと呼ばれるのです。動物性とは違い病気やその動物に使用された薬などや免疫反応を心配する必要もなく、信仰する宗教などで動物性の物が摂取できなくても、植物性なら大丈夫です。海外ではそういった理由で非常に人気が高くなっているようです。

ただし、動物性に含まれ美容にとても効果的だとされる、成長因子がほとんど含まれないため、細胞の活性化や代謝の向上などの効果は少ないとされています。ビタミンやアミノ酸などは豊富に含まれているため、安心して使用できる美容成分の一つとして考えると分かりやすいかもしれませんね。全身脱毛が格安な京都のサロンは